【Cthulhu】1928 MTL RDA

広告

久々にCthulhuの製品を買ったような気がします。

何かと話題の“1928 MTL RDA”です。

備忘録を書いていきまーす。

見てみよう!

カンカンに入ってきました。

さすがクトゥルフ、パッケージにもこだわっていますね。

届いたときは嬉しいんです。

が、捨てようにも捨てづらくてちょっと悩むやつですね。

内容物はこんな感じ。

プリメイドコイル等はありませんが、一通り入っています。

特筆すべきは、細長いドリチくらいでしょうか。

たぶんHastur MTLに入っているのと同じものでしょう。

RDA本体はこんな感じ。

長いですね。

手にとって思ったのが、トップキャップのカーブがスムーズにドリチに繋がっているわけではないことです。

つまり、横から見ると「  」が二段階にかかっています。

触ってみよう!

付属品をそっとカンカンにしまい、本体を触っていきます。

とりあえずトップキャップを開けてみます。

「これぞMTL」と言いたげなエアフロー構造ですね。

エアホールのサイズは、画像左側から、0.8mm、1.2mm、1.6mm、2.0mmになっています。

Oリングのちぎれもなく、まわしたときの「ぬるっとした質感」も良いです。

そんで。

このRDAのわかりやすい特長は、

・RDAなのにチャンバーがある

・ジュースウェルが深い

ってところでしょう。

長くなったHussur RDTAみたいな感じですかね。

吸ったことはあるものの、現物をもってないのでよくわかりませんが。

とにかく、RTAとRDTAの良いところを兼ね備えているような印象です。

この構造は、1928 MTL RDAを購入しようと思った理由でもあります。

クトゥルフのこういう工夫が好きなんですよねー。

ついでに、ドリチをいじってみますか。

初期状態のドリチがついていると「なんかノーチラスってぽいなー」と思ってましたが……

外してみると「WASP Nano」っぽく見えてきます。

ドリチはどちらも内径3.5mmです。

どうせなら、どちらかが3mmであれば良かったのにと思いました。

試しに、細長いドリチに付け替えてみます。

個人的な感想ですが、かっこよくはないですね。

もう我慢できないので書いちゃいますが、そもそもこのRDAの外観自体が好きじゃありません。

おもしろい構造で、おいしく吸えそうな MTL RDA だから買ったのであって、全然かっこいいとは思えないんえすよね。

でもまあ、味は期待しています。

さぞかし、おいしいんだろうなァ……!

吸ってみよう!

大きな期待をこめて、吸ってみます。

ビルドの様子は、こちらで書きました。

● 【ビルドさらし】1928 MTL RDA【初見ビルド】

ぜひ、ご覧ください。

結果発表

う~ん……ナシ、かな。

良いRDAだとは思います。

ビルドはかんたんですし、味はおいしいので、これからも使い続けるでしょう。

ただ、おれの期待値が高すぎましたね。

自分の使用目的というか、用途にはあわなかった気がします。

MTL RDAと銘打ったわりにはドローが軽くて……

せまいチャンバーを備えているわりには味も……

みたいに感じてしまって。

思うに、デッキに入るエアの流入口が広いからでしょう。

ここをなんとかできれば、自分好みのVAPINGができそうな気がします。

ただ、金属の加工なんてできませんからねー。

どうしたものか。

まあ、期待ハズレとまでは言わないですけどね。

おいしさレベルでいえば意外に普通だったので、今回はナシということで。

ちなみに、各所のレビューで1928のネーミングに言及されているかと思います。

1928年に有名な小説がどうのこうので、って話です。

それはそれでいいとして。

1928年って、ミッキーマウスの誕生年ですよね。

そっちの印象が強かったので、初めてこのRDAを見たときには

「なんかディズニーの絵っぽい!」

と思っちゃいました。

おれだけ……かな?

ちょーどうでもいい内容ですけどね。

ここでしか発散できなかったので書かせてもらいました。

ってことで、そろそろ終わります。

購入はFastTechでした。

Product Image: authentic-cthulhu-1928-mtl-rda-rebuildable

国内で買いたいという方はこちら。

以上、バイバイ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする