【Phevanda】MTL A2 RDA

広告

Phevanda のA2を買いました。

備忘録を書いていきます。

見てみよう!

まずは付属品から。

Oリングやイモネジ、BFピンや六角レンチはいいとして。

エアフローのパーツが付属しています。

本体にプリインストールされているものを含めて、3パターンのエアフローを選べます。

一番左にあるやつがデッキについていました。

本体を見てみます。

ドリチにちょっとバリはありましたが、金属部分はめっちゃキレイでした。

すっごくシンプルでカッチョいいアトマイザーです。

こういうの好きなんですよねー。

22mmってのもいいです。

ピコにのせるとこんな感じ。

使い込まれたピコのくすみが気になりますが、まあ良い感じですよね。

あまり背が高くならず、コンパクトに収まっています。

触ってみよう!

細部を確認しましょう。

まずはトップキャップを外してエアホールを見てみます。

サイドから入り、ボトムから出てくる空気の流れ。

キャップ側のエアホールはMTL系のアトマにありがちな感じです。

ここからさらに分解します。

トップキャップとスリーブは分離できるのは嬉しいですね。

Yuri RDAもそうですが、こういう作りのアトマイザーはリキッドチャージがずいぶんと楽になります。

キャップの裏はこんな感じ。

テーパーでした。

ドリチも外してみます。

うむ……。

フチが飛び出てるタイプのトップキャップです。

ドリチの選択肢が狭まるので、こういうトップキャップは好きじゃないですね。

ちなみに、付属のドリチの内径は約4mmでした。

デッキ自体はわりと広めで、ポールが2つ設けられてるタイプのやつです。

普通にビルドしやすそうな作りですね。

見てのとおり、ウェルがめっちゃ深いです。

ショップによってはRDTAと表記されているくらいです。

公式ページではRDAとなっているので、僕はRDAとして扱っています。

エアフローパーツを取り付けてみましょう。

取り急ぎ、2つ穴のエアフローパーツを取り付けてみました。

Oリングでの装着なので、向きを360度変えられます。

スリーブ側にあるエアホールのパターンもけっこう多いので、いろいろと試すことができそうですね。

カッチョいいし、使いやすそうだし、おいしそうなアトマイザーです。

が、ここでひとつマイナスポイント。

スリーブ側にもデッキ側にも突起や切り欠きがないので、外そうとするとスリーブがくるくる回るんです。

こういう構造ってだいぶ是正されてきたように思うんですけどね。

まさかこのタイミングで出会うとは……。

若干、惜しい感じが否めません。

吸ってみよう!

とりあえずビルドして吸ってみました。

【ビルドさらし】Phevanda MTL A2 RDA【初見ビルド】

【ビルドさらし】Phevanda MTL A2 RDA【やりなおしビルド】

味の傾向としては、見たまんまのボトムエアフローのRDAって感じです。

構造をみると、「おいしくないわけがない」といった作りですからね。

温かいミストがなめらかに入ってくる感じです。

味も濃く出るので、この時期はとくにおいしいですね。

付属のドリチも良い感じで、くわえたときにストレスがないんですよねー。

ただ、どうしてもトップキャップに唇が触れてしまうので、それがイヤな人は長いものに交換したほうがいいと思います。

そんで、ドローは軽いですね。

小さいエアホールを使っても、激重ドローにはできません。

激重MTLを期待している人は注意しましょう。

結果発表

限りなくアリに近いけど、ナシ。

見た目も、使い勝手も、味も良いRDAです。

もはや味が出ないアトマイザーのほうが珍しいくらいですが、これはとくにおいしいと思いました。

MODとも合わせやすいし、ビルドもしやすいし、これからもガンガン使っていくと思います。

ただ、MTLの名を冠しながらこんなにドローが軽いのはちょっといただけないですね。

1928 MTL RDAと同様で、めちゃめちゃ良い製品なのはわかりますが、期待させすぎです。

「思わせぶりな態度はとるけど、付き合う気はない」みたいな?

いや、「いざ付き合ったら、思ってた感じと違った」というほうが正しいかもしれません。

ドローの話なので、完全に個人的な好みの領域だと思います。

もしもMTLと名乗っていなかったら、絶賛してたでしょう。

ただ、僕はもうスネているのでね。

腹いせで「ナシ」と評価しました。

しかもFastTechで買ったので、ものすごい待ったんですよ。

FastTech

その分、期待値が上がっていたのかもしれません。

でもまあ、繰り返しになりますが、優秀なRDAだとは思います。

濃厚なミストを欲しているVAPERさんには良いのではないでしょうか。

もちろん、僕もこれから使い続けます。

以上、バイバイ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする