【リキッド添加剤】Coolant! CLASSIC クーラントクラシック【メンソール】

 

Coolant! CLASSICの備忘録。

前回のオフ会に参加した帰りに、萬屋さんで買ったものです。

 

 

いわゆる添加用リキッドですね。

清涼剤とかミントとかいろいろ種類があるみたいですが、これはメンソールです。

容量は10mlで、シロクマさんが可愛いです。

 

ぼくはリキッド自作するタイプなので、こういうやつを使っていました。

 

created by Rinker
昭栄薬品
¥1,080 (2019/09/16 23:21:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

正直なところ、結晶+PGで作ったほうが明らかに安く済みます。

メンソールの結晶なんて、100g容量が1000円前後で買えますし。

そうしたら吸いきれないくらいのメンソール添加剤を作成することができます。

 

しかし、ここでめちゃめちゃ個人的なことを書かせてもらうと……

メンソールの結晶、もう2回も失くしてるんですよ。

 

「冷蔵庫においていたはずなのに……」「デスクの上に出したはずなのに……」みたいなことが重なって、探しても出てきません。

そんな広い家ではないし、ぼく以外が触ることはないので、絶対どっかにあるはずなんですけどね。

これに限らず、本当によくモノを失くすので、自分でもうんざりしています。

 

んで、2回目に失くしたやつを最後に、メンソールを吸えなくなっていました。

それなりになんとか乗り切っていましたが、「暑くなる前にメンソ買わなきゃな」と思っていたところ、萬屋さんにおいてあったので購入したわけです。

 

自作だとちょっと面倒だったりもするのでね。

今年の夏は、この子で手軽に爽快感を味わいます。

 

 

さて。

使い方について、少しだけ書いておきましょう。

 

添加するときの目安は「5mlに一滴」らしいです。

でもまあ、5mlって目安としてはなかなかきわどいところですよね。

たとえば「容量7mlのボトルを使ったスコンカー」では、2滴いくかどうかを迷ってしまう気がします。

そのあたりはユーザーのさじ加減というか、好みに合わせて調整するべきなんでしょうけど。

 

ぼくの場合は「リキッドをヒタヒタにしたRDAのコイルから遠いところに一滴垂らす」みたいな感じで使っています。

メンソは嫌いじゃないんですが、これでもけっこう強く感じます。

当たり前ですが、コイルに直接添加することは避けるべきですね。

きっついメンソにやられ、咳き込んで汗まみれになりますよー。

 

味は普通のメンソールですね。

まったくもってクセのない、スタンダードな味です。

やけに苦かったり、変にミントっぽかったりはないので、とても使いやすいです。

 

 

結果発表

アリだと思います。

 

メンソリキッドを自作していたころは、こういう「少量で高価な製品」を買う人の気がしれませんでした。

どうせ自作するんだから、メンソールもついでにやっちゃったほうがいいに決まってます。

 

ただ、実際使ってみると出来合いのものも悪くないと思いました。

再結晶することも(今のところ)なく、手軽に運用できます。

本当になんの苦労もなくメンソ感を味わえるんだから、こういうのもアリだと思うようになりました。

 

それから、管理の部分でも楽チンですね。

VGやPG、ニコチンを使ったりしながら自作している人は、VAPE用品が煩雑になっていることもあるでしょう。

ボトルはもちろん、インジェクターやスポイトを複数使い分けることもあるでしょうし。

ひと夏で使い切ることを考えれば、「メンソは出来合いの専用品を買う」という選択肢も全然アリですよね。

 

「結晶を失くしていなければ買ってなかった」のは事実ですが、ぼくとしては非常におすすめできる製品です。

VAPERさんそれぞれの考え方にもよると思うので、自分のスタイルに照らし合わせながら検討してみてください。

 

以上、バイバイ。

 

コメント