【HiLIQ】ニコバコベースAとBを吸い比べる

 

今回はHiLIQさんのニコバコベースを比較します。

検証ということで、AとB、どちらも用意しました。

ニコチンベースのラインナップが増えるのはいいことですが、どれを買えばいいか迷っているユーザーも多いでしょう。

AとB、ふたつのニコバコベースを同じ条件で調合して、吸い比べていきます。

 

ニコバコベースとは

従来のニコチンベース、ソルトベースとはなにが違うのか。

公式の文言によると、「USPグレードニコチンと煙草から抽出されたエキスとの組み合わせです。今まで存在していなかった斬新な発想により、さらに煙草に近い感覚を体験できます。」とのこと。

「二コチン+タバコ」で”ニコバコ”なのでしょうか。

細かいことはよくわかりませんが、煙草由来のエキスが使われていること、そして吸い心地が煙草に近いであろうことは読み取れました。

 

ニコバコベース液

 

ぶっちゃけユーザーとしては成分の由来よりも、結局は実際の使用感、VAPINGしたときの印象がすべてだと思います。

こういうのは吸ってみないとわからないので、楽しみです。

 

 

AとBのちがい

といいつつ、座学をおろそかにしてはいけません。

危険な液体でもあるので、もうちょっと知識を詰め込んでおきます。

 

AとBの違いについて、事前に把握しておきましょう。

公式の表でわかりやすくまとめられているので、そのまま借用します。

 

■ NICOBACCO BASE A&Bの比較

項目 NICOBACCO BASE A NICOBACCO BASE B
由来 煙草葉 煙草茎
適応市場 ヨーロッパ 韓国/日本
香りの強度 マイルド ストロング
スロートヒット強度 スムーズ スムーズ
刺激部位 喉+頭 喉+肺
香り スイート ビタースイート
適応フレーバー種類 ドリンク系、フルーツ系、ハーブ系 デザート系、煙草系、茶系、メンソール系
適応デバイス MOD MOD
保存期間 12ヶ月 12ヶ月
保存方法 冷蔵(5℃) 冷蔵(5℃)

 

由来が「葉」と「茎」で違うようですが、味にどのくらいの差がでるんでしょうね。

刺激部位も頭と肺で変わるみたいで、これについては実感できないと思います。

 

おもしろいと思ったのは市場の違いですね。

ヨーロッパではA、日本や韓国ではBのほうがメインの市場になっているようです。

このへんは個人の好みによって変わるものだとは思いますが、果たしてぼくはどっちなのかが気になるところです。

 

 

味の印象

それでは実際に吸っていきます。

今回はVG70/PG30で調合しました。

濃度は12mg/mlです。

どちらも「色」があるタイプのベース液でした。

画像からわかるとおり、Aのほうがちょっと濃いめです。

 

ここからは実際に吸ってみた印象です。

どちらにもいえることとして、葉巻の味がしました。

苦いわけではなく、パイプ煙草用の葉の香りみたいな印象を受けます。

「植物由来」というのが納得できる味ですね。

 

キック感はどちらもあります。

ソルトベースの喉ごしを淡泊に感じていた人は満足できるでしょう。

しかも従来のニコチンベースより辛みが少ないですね。

たしかに煙草に近いかもしれません。

 

特筆すべきは、Bの味です。

Bのほうが味も香りも強く、渋みも感じました。

フレーバーつきのリキッドに混ぜるとしたら味に影響すると思います。

かといってAのほうも無味無臭ではありません。

主張はBよりも弱めですが、従来のニコチンベースと比べると植物っぽい存在感があります。

いずれにしても好みはわかれそうですね。

 

ニコバコベースの比較対象になるのは、従来のニコチンベースかと思います。

濃度の設定を含めた使い勝手からすると、ソルトベースとは完全に別物です。

ソルトベースが合わなかったVAPERからすると、ニコバコベースが新たな選択肢に加わるでしょう。

 

 

ガンクのつき具合を検証

タンク二回分、約4mlを吸いきりました。

コイルはUDのカンタル28gaの5巻き、抵抗値は0.95Ω付近です。

コットンはPERFECTION WICKSです。

created by Rinker
SW VAPORS CREATION
¥1,210 (2021/10/20 06:45:58時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにコットン交換はせずに吸いきりました。

 

ニコバコベースには「色」がついていたので、一回分吸いきった時点でコイルの状態を確認しました。

以下、一気に見ていきます。

 

・Aの一回目

 

・Aの二回目

 

・Bの一回目

 

・Bの二回目

 

拍子抜けするくらい、どちらもガンクがつきませんでした。

さすがに黒ずみはみれらたんですが、スペースドにした隙間が埋まるほどのダメージはありませんでした。

満タン二回を吸い終えるときも、とくに味が落ちた印象はなかったですね。

今回のようにVG/PGのみで割って吸うのであれば、ニコチンソルトより使いやすいです。

 

 

どっちを買うべきか

ポイントは、Bの味と香りを許せるかどうかです。

実際に吸い比べると、ぼくの鈍い味覚・嗅覚でも明確に違いがわかりました。

人によっては「キツイ」と感じるかもしれない味なので、誰かにおすすめするとしたらAを推すと思います。

Bに比べたらプレーンな印象なので、あくまで無難な選択としてです。

 

ぼくの場合、Bも別に嫌いではありませんでした。

いわゆる煙草とは別物ですが、燻した葉の味や香りに近いフレーバーで、むしろ好きな味です。

ここまで主張がはっきりしているのであれば、あえてVG/PGで薄めるのではなく、ほかの煙草系フレーバーと組み合わせてみるのもおもしろいと思いました。

 

ちなみにこのベース液、Aのほうがちょっと割高でした。

なので価格も含めて検討する必要がありますね。

商品ページ

 

ぼくがリピートするならおそらくBになるでしょう。

Bの味を許せる上に、ガンクのつき方にも差がなく、しかもフレーバー付きのリキッドに混ぜるとしたら「ソルトベース」が選択肢に入ってくるからです。

「日本・韓国」の市場にまんまとおさまってしまいました。

 

いずれにしても、良いものに出会えた感覚があります。

ぼくのようにニコチンベースをVGで割っているVAPERは、検討してみてください。

以上、バイバイ。

 

HiLIQ

コメント