【Daddy’s Vapor】MELON TWIST HONEY MELON CHEW

 

MELON TWIST HONEY MELON CHEWの備忘録。

 

 

萬屋月が丘店で購入したリキッドです。

れびゅうしていきまーす。

 

 

リキッドの概要

VG/PG比率は、70:30で、容量は60mlです。

 

 

このリキッドの詳細というか、メーカー名や製品名の区分けがいまいちわかっていません。

ショップやブログによって定義にばらつきがあって、自信がもてないのです。

ぼくが思うに『LEMON TWIST』や『MELON TWIST』はシリーズのことで、製品名が『 HONEY MELON CHEW』、そしてメーカーは『Daddy’s Vapor』なのではないかと。

まあぶっちゃけあんまり気にしてはいないんですが、間違っていたら教えてください。

 

公式っぽいページでフレーバーの内容を確認すると、こんな文言が。

This  Melon Twist flavor profile is a unique combination of flavors that every melon lover will be itching to get their hands on. With layers of flavor that include honeydew melons, and juicy cantaloupe, this flavor is packed full of surprises, and every inhale will slowly reveal something smooth and exciting.       引用 : Daddy’s Vapor

該当する部分を太字にしてみました。

 

ハニーデューメロンについては、VAPERならお馴染みのフレーバーって感じですね。

すっきりした甘さが特徴のメロンらしく、恥ずかしながらぼくは食べたことがありません。

カンタロープってのは赤肉種のマスクメロンのことで、夕張メロンの親的な存在らしいです。

夕張メロンなら食べたことがありますが、VAPEのリキッドでその違いを判別できる自信はありません。

 

とにかく、メロンづくしのリキッドであることはわかりました。

さっさと吸っていきます。

 

 

 

吸った感想

直径14mmのRDAを使って、DLとMTLで吸っていきます。

 

 

すっきりとした甘さでした。

思ってたよりも、ずっと。

 

リアルなハニーデュー/カンタロープの味について語れるほどのグルメ通ではありませんが、たしかにメロン味です。

ややもすればネガティブ言い方になってしまうけれども、ジューシーな感じはありません。

まあ、普通においしく吸えるリキッドではありますよ。

ぼくの内部にたまに訪れる「メロン欲」を満たしてくれました。

 

 

VAPEリキッドの「メロン味」って、フレーバーとしてはけっこうメジャーですよね。

ただ、ぼく個人的には、万人受けしないのでは?と思っています。

というのも、独特の「青臭さ」や「エグみ」があったりするじゃないですか。

セッティングによってはそれがキュウリっぽく感じる人もいるみたいで、言われてみれば確かに納得できる部分もあります。

 

このリキッドにも若干……本当に若干ですが、そういうクセがありました。

吸ったときの味そのものは、どちらかといえば昔ながらのメロンキャンディーやメロンアイスみたいなんですけどね。

ミストが鼻を抜けるときの香りに、少しだけそのクセを感じました。

ぼく自身は気にならない程度ですが、嫌だという人のために一応ね。

 

低抵抗DLでガバッと吸ったとき、そのクセがより顕著にわかるようになりました。

ミストが多くなると考えれば当然で、そこには甘みもしっかり乗ってきます。

しかし上記したように、甘さ自体はけっこうすっきりしてるんですよね。

良くも悪くも「くどくないフレーバー」なので、最初から濃い味をあきらめて高抵抗MTLで吸うのももいいと思いました。

今回のセッティングだと味の傾向そのままにクセが軽減されたので、風味を楽しむ方向に割り切ると幸せになれるかと思います。

 

それでもやっぱりDLで吸いたいという人は、少しだけメンソールを添加するのをおすすめします。

焚き気味で吸っても「瓜臭さ」を誤魔化してくれます。

MTL派のぼくからしても、むしろDL+メンソ添加で吸ったほうが好きかもしれません。

そうすれば夏場なんかはVAPINGの目的がはっきりしますし、このリキッドが活躍してくれるイメージがわきまくっています。

 

 

ガンクのチェック

さて、ガンクのつき具合をチェックしてみましょう。

Serpent SMMで満タンチャージして、吸いきってみました。

 

 

SMMはタンク容量が4mlなので、この程度のガンクなら全然許せるでしょう。

「極端に味が落ちた」と感じることもなく、吸いきることができました。

2ml容量のRTAであれば単純計算で2回分のチャージに耐えられるわけですし、優秀な部類かと思います。

 

 

調子にのってもう一回、満タンチャージしてみました。

が、タンク1/3くらい吸ったところで、あきらかに味が落ちましたね。

ガンクに犯されたコイル特有の、あのイガイガ感が出てきたわけです。

半分くらいまで吸ったところで、ギブアップしました。

 

あけてみると……

 

 

ガンクもさることながら、コットン自体がぶちぎれていました。

甘いリキッドにあるよくある現象です。

 

前述したように甘さ自体は「すっきり」と感じたし、けっこう厚めにウィッキングしたつもりだったので、ちょっと違和感がありましたが……。

まあ無理を承知で挑戦してみた部分もあるので、仕方ないとは思っています。

RTAであれば容量問わず、吸いきったタイミングでガンク飛ばしたほうがいいですね。

 

 

結果発表

アリ

 

味はおいしかったんですが、ぶっちゃけ皆さんにおすすめできるほどの魅力は感じませんでした。

メロンの香りは好みがわかれるでしょうし、ガンクがつかないわけでもないので。

 

じゃあなぜ「アリ」としたのか。

以下でこれを説明します。

 

 

実はぼく自身、あんまりメロン(リアルなほう)って好んで食べないんですよ。

食べたときのアクが強いというんでしょうか。

味自体はめっちゃ好きなのに、のど元にガッと引っかかる感じがちょっと苦手でね。

 

そんなときこそ、VAPEのリキッドですよ。

なんらかの事情で食べ物を口に入れられない(入れたくない)とき、VAPEのリキッドであれば手軽にその味を楽しめるじゃないですか。

これはリキッドの楽しみ方のひとつというか、VAPEならではのメリットだと思います。

私情をがっつり含んでいますが、そういう意味でこの製品はアリだと思いました。

 

 

メロンのフレーバーはこれまでいくつもテイスティングしていて、「ああおいしいなー」と感じる製品はたくさんありました。

しかし「これ!」といったものにめぐり会えていません。

この製品がドンピシャでハマッたわけではないけれども、普通においしく吸えるし、価格も安いのでね。

「手を出しやすい」という部分でも、上位候補にあがるリキッドだと思います。

いろいろと冒険してみるのはお金に余裕があるときにして、現状はこれで十分満足しています。

以上、バイバイ。

 

created by Rinker
MELON TWIST
¥1,500 (2020/04/03 14:54:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメント