【SONY MURATA】バッテリーを2つ買ったので結婚させました【VTC5A】

 

新年一発目の備忘録はバッテリーです。

VTC5Aを買いました。

 

 

今回はデュアルバッテリーのMODで使うことを想定して、2本同時に買いました。

実はこのブログでは、一度もデュアルバッテリーのMODを紹介していません。

ペアリングの様子も含めて、いつもよりていねいに書いていきます。

 

 

SONY MURATA

今回は『SmartSmokers』さんというショップで購入しました。

このショップさんを利用したのはたぶんはじめてです

ちなみに、楽天でもAmazonでもヤフーショッピングでもなく、au PAY マーケットで買いました。

というのも、auのポイントがめっちゃ溜まってたんです。

ここで利用させてもらった次第です。

 

ショップにもよりますが、VTCシリーズのバッテリーには「SONY MURATA」の表記で販売されていることがあります。

この「MURATA」とはなんぞや、と思っている方も多いでしょう。

ぶっちゃけぼくもよくわかっていませんが、どうやらソニーが子会社である村田製作所に電池事業を譲渡したらしいですね。

使用するときに意識することはないと思うので、ビジネス上の背景についてはとくに気にしないようにします。

 

 

VTC5Aには2種類ある

VAPERが気にするべきは、バッテリーそのものです。

VTC5Aと銘打っている製品でも、スペック違いのものがあるようです。

 

ぼくが今回買ったVTC5Aは下記のとおりのスペックです。

・容量 2500mAh

・連続最大放電電流:35A

SmartSmokersさんの商品説明には詳しく書かれていなかったんですが、バッテリー容量から類推しながらほかのショップの記載から類推しました。

おそらくこれが一般的に多く出回っているVTC5Aのスペックです。

 

しかし、中には次のようなスペックのものもあるようです。

・容量 2600mAh

・連続最大放電電流:30A

実際、楽天あたりで検索をかけて比較してみると、このスペックのVTC5Aが販売されていたりします。

 

この違いについては前々から疑問に思っていたんですが、今もまだ納得できる答えを見つけられていません。

いずれにしても、安全マージンをとりながらVAPINGをする前提は変わりませんから、あまり気にしているわけではないのですが……。

自分がもっているバッテリーのスペックを把握しておくためにも、ショップの記載をよく見ながら購入しましょう。

 

 

浮気は許さない

実は今回、デュアルバッテリーのMODで使用することを前提に購入しました。

なので2本のバッテリーを結婚させます。

 

 

おめでとうございます。

とってもよくお似合いの二人ですね。

 

このように、自分がわかるような印をつけてペアリングします。

重要なのは、一度ペアリングしたバッテリーはかならずセットで使うことです。

理由をちょーかんたんにいえば、デュアルのMODで使うとき、バッテリーにかかる負荷にばらつきがでないようにするためです。

言うまでもなく、同じメーカーで同じスペック、同時に購入したものを、同時に使用することが大前提ですね。

 

ショップが仕入れたときの状況や製造のロット、MODの仕様が直列か並列かでも変わってくるとは思うんですが、ユーザーができる配慮といえばこのくらいしかないのでね。

結婚させたからには「浮気を許さないスタンス」を貫き通しましょう。

 

 

コンディションを確認してみる

ここで一応、MODに入れて残量を確認します。

 

 

ほとんど同じですね。

ちなみにバッテリーを使わないときは「半分くらいの残量」で保管するのがベストだと聞いたことがあります。

あくまで想像ですが、いい感じに保管されていたのではないでしょうか。

 

充電してみます。

ぼくがメインで使っている充電器は、XTARのVC2Sです。

 

 

この製品はけっこう便利で、「チャージ量」を見ることができます。

(バッテリーの残量ではありません)

さっそくフルチャージしてみます。

 

 

撮り方がヘタクソなので画像じゃわかりづらいかもしれませんね。

チャージした量を見ると、オスが「1950mAh」で、メスが「1974mAh」です。

MODにいれてみたときの残量からわかるとおり、ほぼ同じくらいチャージしたことが見てとれます。

 

両者の差は「24mAh」になるわけですが、これってどうなんでしょうね。

ぼくは専門家じゃないので断言できないのが苦しいものの、単なる誤差でしかないように思います。

「計測するだけマシ」といったら傲慢かもしれませんが、状態にばらつきがあるまま販売される可能性もありますし、気づかずにペアリングしてしまうユーザーもいるかもしれません。

24mAhくらいの開きなら、そんなに神経質になる必要はないでしょう。

 

 

結果発表

アリ。

 

ぼくの場合、VAPEのバッテリーに関してはVTC5aがファーストチョイスになります。

公称スペックでみたときに「バッテリー容量が多め」で、「パルス放電の数値も安全マージンがとりやすいから」です。

ただ、スペックについてはあまり信用しないよう気をつけています。

もともとVAPEでの使用が想定されていない製品ですから、常にビビリながら使っています。

ぼくがMTL派で、常用する抵抗値が1Ω付近なのも、バッテリーへの恐怖が大きく影響しています。

 

今回、自分ができる最大限のコンディション確認を行いました。

どれだけやっても不十分というか、不安が解消されるわけではありません。

が、これといって気になる点もなかったのもまた事実です。

今までどおり、気をつけながら使用することにします。

 

以上、バイバイ。

 

コメント