【ビルドさらし】BSKR V1.5 MTL RTA【初見ビルド】

BSKR V1.5 MTL RTAをビルドします。

MTLアトマイザーに定評があるVANDY VAPE製なので、期待大です。

使うもの

付属のクラプトンを使おうと思ったんですが、これ0.7Ωなんですよねー。

今回は1Ωくらいで組みたいので、UDのカンタル28ゲージを使います。

コットンは無印良品で、ツールはテキトーに。

リキッドはHiliqのRY4を使います。

やっていきましょう!

コイルビルド

内径2.5mmで、6巻きします。

マイクロコイルを作成しました。

デッキにインストール。

高さはコイルレッグと平行くらいにします。

もっと下げても良さそうですが、まあとりあえず。

ホットスポットを除去して、抵抗値を見てみます。

1.12Ω。

オッケー、ばっちり。

ウィッキング

いつもどおり、短冊状に切った無印コットンを使います。

半分に割って、薄くのばします。

これをまるめて、コイルに通します。

両端を薄くして、切って、モフモフさせて……

このくらいの長さで、底にギリギリ付く程度になりました。

最近RDAばっかりだったので、いつもより丁寧に作業しました。

画像では詰めすぎっぽく見えるかもしれませんが、フワフワさせてるだけでそんなギチギチでもないです。

ピンセットの先がウィックホールにスカスカ入るくらいの密度です。

擬音多すぎですね。

RTAなので、リキッドをしっかりコットンに馴染ませます。

よし、出来た!

タンクを組み立てて、リキッドチャージします。

完成!

久々に登場したC1D2にのっけて吸っていきます。

10wから15wくらいまでの出力で試してみます。

これうまいぞ!

ドローの重さもバッチリ!

昨今、どのアトマイザーもそれなりに出来がいいじゃないですか。

味が出ない製品を探すほうが難しいくらいに。

なので、ぶっちゃけおいしいのは当たり前なんですよね。

そんで。

このドローの重さはめちゃくちゃ気に入りました

このセッティングだと一番小さいエアホール(1.0mm)の半分開けた状態が好みでした。

それでも熱くはならず、ほんわか温かいくらいのミストで吸えました。

今までさんざんMTLアトマにケチをつけたような自分でも、満足できる吸い心地です。

もっと味を濃くしたいのであれば、コイル位置をギリギリまで下げたり、抵抗値や出力を見直してもいいかなとは思います。

が、じんわり吸えればいい自分としてはこのビルドで満足です。

さすがVANDY VAPE、期待にしっかり応えてくれました。

FastTech

以上、バイバイ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする