【Vapefly】Replacement Cap for Galaxies MTL RDA

Galaxies MTL RDAに装着する、Replacement Capの備忘録。

いわゆる、クリアキャップですね。

 

さっそく開封していきましょう。

フィルムケースみたいなやつを開けます。

 

 

 

中身はこんな感じ。

 

 

素材はPMMAです。

カラーはイエローを選択しました。

 

この製品、カラバリが「イエロー」「ブルー」「オレンジ」というなんとも微妙な感じで、いろいろと悩みました。

結局、いちばん使いやすそうで無難そうなイエローに決めました。

 

 

まあ、とくに詳しくご紹介することはありません。

Galaxies RDAからデッキとドリチを拝借して、付け替えます。

 

こんな感じ。

 

 

なぜこれを買ったのかというと、24mmで使えるからです。

通常は22mmのGalaxies RDAですが、このキャップを使うことで24mm直径のRDAに変身することができます。

 

ぼくが知るかぎり、”24mm MTL RDA” ってほとんどないんですよ。

RTAであれば、24mm外径の製品もたくさんあるんですけどね。

どのメーカーからも24mm MTL RDAが全然リリースされていなくて、とくにガチMTL仕様で運用できる製品なんてまったく見当たりませんでした。

 

別に22mmでもいいんですが、スコンカーやゴツめのMODを使うときに「少しボリューム感に欠けるなー」と思うことがあって。

だからこれを買って、24mmで運用しようとたくらんだわけです。

 

 

見た目のサイズ感としては本当に微々たる差ですが、おおむね満足することができました。

 

ただ……

カラーの選択は失敗したと思っています。

 

 

サイズ感は良くても、色合いがイケてないというか……やっぱりこのままだとなんか微妙ですもん。

だったら「ブルー」とか、攻めたカラーを選べばよかったと思いました。

 

たぶんこれ、磨く作業を前提として製品のような気がします。

磨いてツヤを出して透明度を上げれば、見た目の印象は変わってくるでしょう。

これまで「輝かせるための磨き」はやってこなかったんですが、ついに重い腰をあげるときがきたようですね。

 

まあ「ガチMTLできる、24mm RDA」の選択肢があることについては、大いに評価できます。

そもそも、遅ればせながら Galaxies MTL RDAを買った理由も、これを実現するためでした。

 

 

購入はいつもどおり、FastTechです。

 

FastTech

 

Amazonでも購入できます。

 


 

ちなみに、ぼくみたいにあえて2つ買う必要はありません。

最初からキャップが装着されているバージョンもあります。

 

MODとのマッチングに悩んでいたガチMTL勢のVAPERさんがいれば、少しは参考になると思います。

以上、バイバイ。

 

コメント