【MIXX】18350バッテリーが使えるテクニカルMODを買ったよ【Aspire】【 SUNBOX】

 

突然ですが、Aspire MIXXの備忘録です。

 

 

久しぶりにMODを買いました。

“Designed By SUNBOX”というのがこのMODの売りのひとつかと思います。

Aspireとのコラボって感じなんでしょうか。

SUNBOXのスコンカーとかかっこいいんだけど、高くて買えないんですよね。

だからこそMIXXはぼくのような貧乏VAPERにはありがたい製品です。

 

さて、いろいろと見ていきましょう。

最終的にアリかナシかで評価します。

 

 

高級感があってかっこいい

開封のときから思いました。

なんか高級感があっていい感じです。

 

 

MODにたどり着くまでにちょっと時間がかかるくらい、ていねいに収められていました。

 

本体もいい感じです。

 

 

華奢な見た目とは裏腹に、それなりに重量はありますね。

けれども不快な重さではなく、それこそ高級感を漂わせるような重さです。

 

とりあえずアトマイザーをのっけてみましょう。

 

 

 

俗にいうステルスMODってやつですね。

アトマイザーがオフセットされた状態で使用するタイプのMODです。

 

全体の長さがおさえられ、コンパクトになります。

 

 

画像にあるとおり、パフボタンは正面に、操作ボタンは側面についています。

 

肝心のディスプレイは底面にひそんでいます。

 

 

画面もステルスされているわけですね。

こういうデザインは好きです。

別の機会にあらためて書きたいんですが、USBポートがないってのも好きです。

この洗練されたデザインはさすがSUN BOX、といったところでしょう。

 

 

慣れが必要かもしれない

この手のタイプのMODは何年も前からありますが、最近また増えはじめたのは気のせいでしょうか。

個人的なことをいうと、実はあまり好きではありませんでした。

 

見た目はめちゃめちゃかっこいいしサイズ感もコンパクトになるからいいんだけど……

パフするときの指というか、手の感覚が気に入らないのです。

 

 

かんたんにいうと、人差し指が使えないんです。

使おうとすればぜんぜん使えるんだけど、手のかたちがアンバランスになるんですよね。

 

親指で押すなら許せる範囲ではあるけれど、どうにもしっくりこないのです。

 

 

ここが気に入らなかったので、これまでステルスMODは買おうとすらしませんでした。

 

唯一買うか悩んだステルスMODは、昔Eleafから発売された『iKonn Total』という製品でした。

 

 

パフボタンまで隠そうとするあの発想が画期的だと思ったんです。

握りこむことでパフできるなら使用時の違和感もないでしょうし、カートに入れるところまでいきましたもん。

ただ、いかんせん外観のデザインが特徴的すぎたのでスルーしました。

 

こうして実物を手にとってみると、頭ごなしに否定するほどでもなかったです。

おそらく慣れの問題ですね。

やはりちょっと違和感はあるものの、「こういうものなんだ」と割り切ってしまえば普通に使えそうです。

 

 

18350MODとして使うつもり

とはいえこのMODは、デフォルトの状態で使うつもりはありません。

18350バッテリーを入れて使おうと思い、購入しました。

 

 

こういう交換パーツが入っています。

 

分解して、18350仕様へと変身するわけです。

 

 

 

組み替えるとこうなります。

 

 

ステルスMODのときはタンクを使いたくなるんですが、こうして背が低くなるとRDAを使いたくなります。

不思議です。

 

ここまでサイズダウンすると、パフボタンを人差し指で押すのがナチュラルに感じられます。

 

 

高さが変わるだけで、まるで別製品のようにしっくりきます。

やっぱりサイズ感や全体のバランスって大事なんですね。

 

 

しかもこれ、テクニカルMODなんです。

さっきも書いたことですが、ここがめっっっちゃ大事。

 

 

18350バッテリーを使用するのボックスMODで、しかもテクニカルとなると、ほとんど選択肢がないのです。

MR.Qは手に入らないし、6IXTY 7EVEN MODはもう作らないっぽいし、出回っても値段が張るし。

一万円以内の価格帯であればこの製品、MIXXが最有力候補になるんじゃないかなーと思います。

 

 

バッテリーキャップまわりのクセ

買うときに気になったのはバッテリーキャップです。

 

 

ぼくが買った “Tuxedo” というカラーは、バッテリーキャップだけゴールドなんです。

色づかいって3色以上になると途端に難しくなるんですよね。

とくにこのバッテリーキャップは常に目に入る位置にあるので、アトマイザーとのマッチングに気を使うかなと思いました。

 

というわけで、「ブラック」と「シルバー」のキャップがセットになって販売されているやつを買いました。

 

 

 

これでマッチングに困ることはないでしょう。

 

しかし。

幸か不幸か、実際手にとってみるとキャップのゴールドは別に気になりませんでした。

 

 

純正でウルテム系パーツが使われているアトマイザーってけっこう多いじゃないですか。

本体じゃなくても、タンク部分だけウルテムだったり、専用設計のドリチがウルテムだったり。

 

なので、アトマイザーによってはむしろゴールドが映えると思いました。

そうでなくても、ワンポイントみたいな感じでとらえればぜんぜん許せる範囲です。

 

まあいろんなバリエーションが楽しめるのは悪いことではないのでね。

買ってしまった以上、ポジティブに考えることにします。

 

 

ちなみにこのセット、なぜか六角レンチも同封されていました。

 

 

届いたときに不思議に思ったんですが、作業していて気づきました。

 

MIXXの付属品に、この部品の六角レンチが同封されていないんですね。

 

 

レンチとかドライバーとかUSBケーブルとか、VAPE製品を買うたびに増えるのであんまり気にしてなかったんですけどね。

いざ付属していないとなると、不親切とまでは言わないにしても、手持ちのツールから探す手間がかかるのはたしかにちょっと不便だと思いました。

通常版よりも割高でしたが、このセットを選んでよかったです。

そう思うことにします。

 

 

結果発表

これはアリ。買ってよかった。

 

考えてみれば、けっこう特徴的なMODだと思います。

使い勝手も含めて、オールマイティーな感じはあんまりしないんですよね。

おそらく、好き嫌いがはっきりわかれるタイプの製品ではないでしょうか。

こういうMODが好きな人はもう買ってあるでしょうし、興味がない人は絶対に買わないでしょう。

 

「18350バッテリーが使えるテクニカルボックスMOD」ということで、ぼくは買ってよかったと思いました。

 

 

 

やっぱりデザインが素敵ですね。

 

 

キャップの色を変えて、いろんなパターンを楽しもうと思います。

 

 

ちなみにこの製品、MODそのもののカラバリが豊富です。

 

created by Rinker
¥7,580 (2021/04/20 21:06:16時点 楽天市場調べ-詳細)
vapesteez:10003562

 

赤とか青とか、スタンダードな色がないのは気になりますが……

独特なクセも楽しめばいいんじゃないですかね。

 

小さいMODが好きだったり、18350バッテリーをもてあましていたりするVAPERさんは一度チェックしてみてください。

以上、バイバイ。

 

 

 

コメント