【前編】VAPER’S DAY OFF The 2nd 【オフ会レポート】

広告

ここ数日、訪問者数がいつもより1.2倍くらい多くなっていました。

おそらく、この報告を待っていたのではないでしょうか。

遅くなって申し訳ございません。

オフ会のレポを書いていきます。

まずはじめに。

私、遅刻しました。

1時間ちょっとくらい遅れて会場に着いたんですよね。

高速をバイクでぶっ飛ばして向かったんですが、さすがに間に合いませんでした。

バイクで行くことにしたのは、「きっと混んでるだろうなー」と思ってのことです。

んで、いざ会場に着くと……

思いのほか、人数が少なかったんですよね。

着いて早々、私自身の影響力のなさを痛感しました。

一応ブログで告知はさせてもらっていたんですが、今回は反応があまり思わしくなかったので……。

予定がからむことなので仕方ない部分はあるにしても、「もっと頑張らなきゃなー」と思いました。

参加していたのは、もはや顔なじみに近いといってもいいメンバーでした。

遅刻したので申し訳ない気持ちはありましたが、変に緊張することはなかったです。

スタッフさんも含め、みなさん人柄がいいのでね。

リラックスしながら会場入りできました。

会場の雰囲気は、前回とほぼ同じでした。

テントとテーブルとイスが設置され、こんな感じでVAPE用品が並べられていました。

もっといろいろあったんですけどね。

よりによってゴミ箱が真ん中にくるような写真をとってしまったことに、自分のセンスのなさを感じます。

私がもっていったセットは、この記事に書いたとおりです。

まだ備忘録には書いていない、Simple EXのキット。

こいつがちょっとした活躍しました。

というのも、何人かに吸ってもらったんですよね。

前回は「他の人がビルドしたものを自分が吸わせてもらった」んですが、今回は「自分でビルドしたものを誰かに吸ってもらった」んです。

ぼっちVAPERとしては、こういう経験ってなかなかレアで。

「もっと試行錯誤してビルドすればよかったなー」なんて思いながら、吸ってもらいました。

すると、「おいしゅうございます」「いいね、おいしい」といった前向きなご感想をいただけたました。

良かったぁ……!

社交辞令だったのかもしれませんが、ちょっと自信がつきました。

ありがとうございます。

DLセッティングしたTINYのキットも、ある意味ではめっちゃ活躍しました。

そのことについては後々書いていきます。

んで。

いずれのMODも、内臓バッテリーなんですよね。

「間に合うかなー」と、消耗具合が気になっていましたが……

チャージャーがしっかりと用意されていたので、とっても安心しました。

USBチャージャーも完備されているあたりがすごいですよね。

もちろん、18650をはじめとするバッテリーもガンガン充電できました。

しかもこれが個人(岩手のビルドマスター)の有志で設置されているんだから、なおさらすごいです。

リキッドもじゃんじゃんおすすめしていただいて、いわば吸い放題状態です。

天国です。

新旧問わず、気になるRDAやらMODやらの話にも花を咲かせました。

みなさん、それぞれの経験と知識量がハンパないんですよね。

でも、嫌味が一切ないんです。

そこが素敵ですよね。

わからないことがあればみなさんやさしく教えてくれるし、本当に勉強になります。

私は、へえへえ言いながら聞いて、ときに質問して、またへえへえ言ってました。

こんな感じで、前回同様、ゆる~い空気感が流れていました。

もちろんこの雰囲気はイベントを通じて一貫していて、最後まで心地よく過ごすことができました。

前編なのに最後のことまで書いてしまうと、時間軸がめちゃめちゃになりますね。

まだまだ続くので安心してください。

時間軸が狂ったついでに書くと、帰りに雨が降ってきたんですよ。

ただでさえ気温が低い日だったんですけどね。

バイクで来たことを後悔しました。

雨に濡れながら帰ったことがきっかけで、風邪ひいちゃいましたもん。

次はイベントの中身についてより詳しく書いていきます。

中編に続く。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする